« 煮干し | トップページ | ディトワフ・ラグーン »

ディトワフ・キャンプ場の昼食

2011年2月14日(日)

今日はディトワフ・ラグーンに向かいます。キャンプ場でM氏(本ブログを通じて知り合った日本人)と昼食をご一緒する約束があります。早めに行ってラグーン周辺を散歩。午後はマアラ散策の予定。

今夜はディトワフ・キャンプ場に宿泊し、明日はジャバル・ムトロに行く予定なので、まず市場で買い出し。パン2袋400YR(200円弱)、水1ケース800YR、お土産用のボール1個500YR、ビスケット4個400YR、ティシュ1箱300YR、チーズ1箱500YR、トマト1山100YR。

写真を撮りながらカランシヤに向かう途中で、M氏が乗った車に追い越されました。M氏と私たちは初対面ですが、M氏の車のドライバーは育苗場のスタッフで、なんと育苗場のアフマドも一緒です。アフマドと私たちのドライバー、Aブドルワヒードはいとこ同士。
少し立ち話をして、キャンプ場に直行することになりました。

2710

キャンプ場の昼食。野菜の煮込みとご飯と一緒にいただきます。

M氏は数日前、プラントハンターの西畠清順氏、テレビクルーと共にソコトラ島入りしていました。明日朝、ソコトラ島を発つため、実質、今日がソコトラ島最終日です。

「午後、一緒にマアラに行きませんか」とお誘いしたら、「マアラは西畠さん達と一緒に行って歩きまわりました(注)。昨日、ホーク洞窟に行った疲れが抜けていないので、マアラの山を登るのは無理です。今日はゆっくり骨休みします」とのこと。

注:西畠氏のマアラでの様子はテレビで拝見しました(こちら)。育苗場のアフマドも植物ガイドとして登場していました。

M氏から、マアラでは、アフマドがアロエ・スクアロサやエキドノプシス・ソコトラナをいくつも見つけてくれたが、花はまったくなかったと聞きました。
私たちのお目当てはその2つ。望み薄ですが、ともかく行ってみます。

|

« 煮干し | トップページ | ディトワフ・ラグーン »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 煮干し | トップページ | ディトワフ・ラグーン »