« 2011年9月 | トップページ | 2011年11月 »

2011年10月

ソコトラ島の生物146

2726a

ソコトラバブーン / Socotra Island Blue Baboon / Monocentropus balfouri

オオツチグモ科。ソコトラ島固有種。

2727b

この穴はソコトラバブーンの巣?

| | コメント (0)

ソコトラ島の植物766

マアラはソコトラ島で2番目に植物相が豊かなところだと言われています。いつもさまざまな花に出会えるのですが、今回は残念ながらほとんど見られません。花の時期はすでに終わってしまったようです。

2725

| | コメント (0)

ソコトラ島の鳥89

M氏と別れ、車でマアラの麓に移動。

2724

ソコトラスズメ / Socotra sparrow / Passer insularis

スズメ 科。ソコトラ群島固有種。 軽度懸念(LC)。

| | コメント (0)

ソコトラ島の植物765

2723

Ballochia amoena

キツネノマゴ科。ソコトラ 島固有種。 情報不足(DD)。

| | コメント (0)

ソコトラ島の植物764

2722a

2722b

ボトルツリー。

| | コメント (0)

ソコトラ島の生物145

2721

花グモ

| | コメント (0)

ソコトラ島の植物763

2720a

2720b

Euphorbia spiralis

トウダイグサ科 トウダイグサ属。 ソコトラ島固有種。軽度 懸念(LC)。

| | コメント (0)

ディトワフ・ラグーン

2719a

2719b

2719c

| | コメント (0)

ソコトラ島の植物762

2718

| | コメント (0)

ソコトラ島の植物761

2717

Aerva microphylla

ヒユ科。

| | コメント (0)

ソコトラ島の植物760

2716

ボトルツリー

| | コメント (0)

ソコトラ島の植物759

2715a

2715b

Adenium obesum sokotranum

キョウチクトウ科アデニウム属アデニウム·オベスムのソコトラ島固有亜種。通称「ボトルツリー」。

| | コメント (0)

ソコトラ島の植物758

2714

右はソコトラアロエ

左はソコトラカラルマ

Socotran caralluma / Caralluma socotrana

ガガイモ科カラルマ属。

| | コメント (0)

ソコトラ島の植物757

2713

ソコトラアロエ / Socotran Aloe / صبر سقطري ، طيف / Aloe perryi

アロエ科アロエ属 。ソコトラ島·サムハ島固有種。準絶滅危惧種(NT)。

| | コメント (0)

ソコトラ島の植物756

2712

| | コメント (0)

ディトワフ・ラグーン

昼食後、私はM氏とのんびりおしゃべりしていましたが、しんちゃんはすぐに写真を撮りに出かけてしまいました。

キャンプ場の前のディトワフ・ラグーンの色がとてもきれいです。
キャンプ場にはこれまで何度か来ていますが、この辺りはいつも砂色でした。

2711a

2711b

| | コメント (0)

ディトワフ・キャンプ場の昼食

2011年2月14日(日)

今日はディトワフ・ラグーンに向かいます。キャンプ場でM氏(本ブログを通じて知り合った日本人)と昼食をご一緒する約束があります。早めに行ってラグーン周辺を散歩。午後はマアラ散策の予定。

今夜はディトワフ・キャンプ場に宿泊し、明日はジャバル・ムトロに行く予定なので、まず市場で買い出し。パン2袋400YR(200円弱)、水1ケース800YR、お土産用のボール1個500YR、ビスケット4個400YR、ティシュ1箱300YR、チーズ1箱500YR、トマト1山100YR。

写真を撮りながらカランシヤに向かう途中で、M氏が乗った車に追い越されました。M氏と私たちは初対面ですが、M氏の車のドライバーは育苗場のスタッフで、なんと育苗場のアフマドも一緒です。アフマドと私たちのドライバー、Aブドルワヒードはいとこ同士。
少し立ち話をして、キャンプ場に直行することになりました。

2710

キャンプ場の昼食。野菜の煮込みとご飯と一緒にいただきます。

M氏は数日前、プラントハンターの西畠清順氏、テレビクルーと共にソコトラ島入りしていました。明日朝、ソコトラ島を発つため、実質、今日がソコトラ島最終日です。

「午後、一緒にマアラに行きませんか」とお誘いしたら、「マアラは西畠さん達と一緒に行って歩きまわりました(注)。昨日、ホーク洞窟に行った疲れが抜けていないので、マアラの山を登るのは無理です。今日はゆっくり骨休みします」とのこと。

注:西畠氏のマアラでの様子はテレビで拝見しました(こちら)。育苗場のアフマドも植物ガイドとして登場していました。

M氏から、マアラでは、アフマドがアロエ・スクアロサやエキドノプシス・ソコトラナをいくつも見つけてくれたが、花はまったくなかったと聞きました。
私たちのお目当てはその2つ。望み薄ですが、ともかく行ってみます。

| | コメント (0)

煮干し

アディーブ育苗場からハディーボのホテルに戻る途中、海岸のすぐ近くで漁をし、獲った魚を海岸に広げて干している光景を見ました。煮ていないので、正確には「煮干し」ではなく、「日干し」です。

2709a

2709b

2709c

2709d

2709e

2709f

カタクチイワシでしょうか。ソコトラ語では「ディブランバ(Debramba)」または「ブランバ」。

1週間とか、限られた期間しか獲れないそうです。前回、最後に現れたのは3年前だったとか。

| | コメント (0)

ソコトラ島の生物144

午後はアディーブ育苗場へ。

珍しく、お父さん(アディーブ氏)一人だけでした。

育苗場ではソコトラ島の貴重な稀少植物や絶滅危惧種120種程が育てられているにもかかわらず、植物名が書かれた名札がありません。息子のアフマドがいて解説してくれればよいですが、そうでないと、観光客が来ても、何だかわからないでしょう。

東急ハンズで買った名札に名前を書いて、植物の側に立てる作業をしました。

アディーブ氏によると、2年前にビーア(環境団体)が分裂するまでは、育苗場に対してイタリアからの経済援助があったが、その後はどこからの支援もないそうです。

ソコトラ島に来た観光客が、育苗場を訪れてカンパするようになって欲しいと思いました。

2708

Diabolocatantops axillaris

バッタ科。

| | コメント (0)

昼食

「ソコトラ島の薬種商の写真を撮りたい」とガイドに告げて、連れていかれたのは、真新しいお店でした。

店主の名はターヌーフ・サーリム・ヌーフ(طانوف سالم نوح)。

彼の話によると、

父親の仕事を引き継いで薬種商になったわけではなく、病気に効果がある薬草について父親や人々から教わって、この仕事を始めた。

28年間、子どもができなかったUAEの女性。インドやヨルダンの病院で調べてもらったら、妊娠は不可能と言われたが、彼の処方薬を飲んで、男の子を授かったという。
不妊だけでなく、HIV以外のさまざまな病気を治す。
年内にエジンバラ王立植物園から、彼の本が出版される。

今回初めての食事はお気に入りのレストラン、シャッラールにて(関連記事はこちら)。

2707

写真のアグダトゥ・ラハム(عقدة اللحم)とムシャッカル(野菜のごった煮)、お茶2杯で計1000YR(500円弱)。味が落ちている上に高くてガッカリ。

新しいお店を開拓しなくては。

| | コメント (0)

ソコトラ島の植物755

空港からハディーボへ向かう途中、

2706

Boswellia popoviana

カンラン科。ソコトラ島固有種。絶滅危惧種(VU)。

| | コメント (0)

2011年ソコトラ島

今年もまたソコトラ島に行ってきました。

今回初めて、トランジットの時間のロスが少ない(しかも安い!)エジプト航空を利用しようと、チケットを購入していましたが、急遽、運行停止。

やはりE航空にしようと調べたら、結構なお値段です。結局、お金の威力に屈し(悲しい)、もう2度と乗るまいと誓っていたQ航空で行くことになりました。

2011年2月11日(金)20:50成田発、翌12日5:10ドーハ着。
10:15ドーハ発、13:00サナア着。

フェリックス航空で13日(日)7:00サナア発、9:25ソコトラ着。

ソコトラ島滞在20日間の予定です。

2705a

機内から見るディトワフ・ラグーン

2705b

グッバ。丸い塩湖が2つ見えます。

海岸と集落の間の塩湖は子どもたちが泳いでいたプール。

奥は塩を採取している塩湖です。

| | コメント (0)

フェリックス航空の機内食

2704a

フェリックス航空、アラビア語では「サイーダ」(関連記事はこちら)。

2704b

1年前(2009年)に初めてフェリックス航空に乗ったときは、コップに水を注いでくれただけで淋しい思いをしました。今回は、イエメン航空と同じパウンドケーキとサウジ製ジュース(イエメン航空の写真はこちら)、さらにペットボトル入りの水と大サービスです。

2704c

航空会社のロゴ入り。

ソコトラ島・サナア間では2回、同じ機内食が出ます(パウンドケーキの代わりにデニッシュが選べます。ジュースは何種類かあります)。

| | コメント (0)

ディトワフ・ラグーンを上空から

2703

さよなら、ソコトラ島。

| | コメント (0)

ソコトラ島の鳥88

2702

エジプトハゲワシともお別れ。

| | コメント (0)

ソコトラ島の植物754

スィルヒンでしばらく過ごした後、空港に向かいました。

途中の撮影ポイントで、

2701

Capparis cartilaginea

フウチョウソウ科 フウチョウソウ属。

| | コメント (0)

パン屋

2700a

2700b

2700c

焼きたてのパンはプックリ膨れています。

ソコトラ島ではゲダムパン(写真はこちら)は作られていないとのこと。

| | コメント (0)

スーク(市場)

パン屋でパンを焼いているところを写真に撮りたくて、スークへ行きました。

2699a

左から、バナナ、唐辛子、キリストイバラの実、レモン、タマリンド。

ソコトラ島産のバナナはおっきい。おやつ用に2本買いました。

2699b

2699c

| | コメント (0)

夜明け

2010年2月14日(日)、ソコトラ島最終日。

ホテルの屋上から、

2697

2698

| | コメント (0)

甘味処

2696a

お菓子の盛り合わせ200YR(100円)。コーヒーは無料で飲み放題。

2696b

店のオーナーはアデン出身とのこと。そういえば、アデン近郊に「お菓子の町」がありました(関連記事はこちら)。

2696c

イラクのフセイン元大統領は殉教者扱い。

サーレフ大統領のポスター、今はどうなったか。

| | コメント (0)

食料雑貨店

子どもが店番

2695a

「スーパーマーケット」と呼ばれている、ソコトラ島最大の店

2695b

| | コメント (0)

レストランの裏方

2694a

2694b

2694c

2694d

| | コメント (0)

昼食兼夕食

2693a

2693b

2693c

2693d

チキン500YR、肉600YR、豆料理(ファースーリヤー)200YR、紅茶5杯100YR、合計1400YR。

とてもおいしくてバクバク食べましたが、お値段は高くなったという印象(前年の様子はこちらこちら)。肉料理が高いのはしかたないのか。

| | コメント (0)

ソコトラ島の植物753

アディーブ育苗場に立ち寄りました。

入り口の前に自生していた植物、

2692

Pergularia tomentosa

ガガイモ科。

| | コメント (0)

スーグ

2691a

2691b

2691c

2691d

二人が待っていたのは乗合バスでした。

| | コメント (0)

« 2011年9月 | トップページ | 2011年11月 »