« ソコトラ島の植物87 | トップページ | ソコトラ島の植物89 »

ソコトラ島の植物88

0130a

ガイドのAフマド氏が竜血樹の幹を石でガンガン叩いて傷つけています。

すると、赤い樹液がしみ出てきました。

0130b

それを集めると、こうなります。

0130c

注:写真は、昼食のときに少年が売りにきたもの。

|

« ソコトラ島の植物87 | トップページ | ソコトラ島の植物89 »

コメント

“芸術かパンか”こんな言葉が浮かんできます。
ソコトラの竜血樹は絶滅危惧種であり有用植物でもある。
落書きのような幼稚なイタズラではないが、無用な切削はいかがなものかとおもう。
しかしこれもガイドの仕事。
やはり芸術(自然保護)よりパン(仕事)を優先するのはいたしかたないことなのだろう。
artfastfood

投稿: アイスクリーム | 2008年7月20日 (日) 18時21分

アイスクリームさん、
この程度なら心配ありませんよ。竜血樹の樹脂はシバの女王の時代から島の貴重な収入源でした。しかし、現在は観光客向けぐらいにしか採取されていないみたい。
Aフマド氏によると、島で使う人はおらず、また、サナアで「ソコトラ島の竜血樹の樹脂」という触れ込みで売られているものは真っ赤な偽物だそうです。
竜血樹の絶滅が危惧されるのは、地球温暖化や開発(観光用道路建設など)が主な原因のようですよ。

投稿: mishmish | 2008年7月21日 (月) 15時12分

すんごい生命力を感じてしまう!!
と云うよりも・・・なんていうんでしょう~
植物には思えない、、、なんだろう??
なんとも言えない気持ちに駆られてしまうのは、、あたしだけでしょうか、、
いや~、、、凄い!!

投稿: 豊巻くみ子 | 2010年10月11日 (月) 02時10分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ソコトラ島の植物87 | トップページ | ソコトラ島の植物89 »